余った土地は賃貸経営で上手に活用!

土地活用するなら賃貸経営がおすすめ

経営を始めるためのステップ

賃貸経営を始めるとなったら、まずは何をすべきなのでしょうか。 なんとなく難しそうで、気が引けてしまうかもしれません。 けれども、このページでご紹介する4つのステップをこなせば大丈夫なんです。 ここでは、経営までのステップを詳しくご紹介していきます。

経営に失敗しないために

なんとか経営を始められた、というときも、油断してはいけません。 思わぬ落とし穴があるかもしれません。 経営を失敗させないために、いくつか注意点があります。 どれも当たり前のようで、賃貸経営者が陥りやすいことばかりです。 このページをしっかり読んで、賃貸経営の失敗を防ぎましょう。

土地を有効活用するには

賃貸経営を始めてみようかな、と考えている方にとって、そのメリットやデメリットなど知っておきたいことはたくさんあるかと思います。 このページでは、賃貸経営に関する基本事項を、分かりやすくまとめてみました。 興味があるという方もぜひ見てみて下さいね。

賃貸経営のキホン

都会、田舎関わらず、土地が余ってしまうことはあります。
特に田舎の場合、余った土地の活用方法は今も深刻な問題となっています。
こういった土地を有効に活用していく方法には、どのようなものがあるのでしょうか。

例えば、駐車場や資材置き場のような、建物を建てる以外の目的で土地の賃貸があります。
これは使用貸借と呼ばれ、建物を借りる人がいなかったり、借地をする人がいなかったりする場合は、土地活用として有力です。
しかし、収益としては低いので、主な収入とすることはできません。

また、どこにも貸すことができなかった場合は、自分で活用していくことも考えなくてはなりません。
土地を自分で使うのが最も儲かります。
自分で何かの商売を始めれば、家賃は必要ないのでコストを抑えることができます。
また、必ずしも商売に向いている人ばかりではありませんから、この方法で土地を活用できる人は限られてしまうかもしれません。

では、最もバランスよく利益が生まれる土地活用はなにか、というと、アパートやコンビニなどの建物を建て、それを貸すという賃貸経営です。
入ってくる収入は家賃ですが、これは建物を貸した時に発生する家賃に対し、土地を貸した時の地代の方が安いため、収入を得るには最も効率の良い方法です。

このサイトでは、余った土地を活用する賃貸経営について、様々な角度からご紹介していきます。
土地を持て余してしまっている方は、ぜひ一度考えてみて下さい。

おすすめリンク

杉並区のシェア賃貸の実情

杉並区ではシェア賃貸がおすすめ?シェアハウスの実情と経験者の体験談をチェックしましょう。